動画には下記のように様々な効果があります。

<マーケティングとしての動画>

動画は、文章を読む煩わしさがなく、見る側が受動的に内容を把握させることができます。
さらに文章だけでは伝わりづらい、雰囲気や空間を伝えられます。

制作した高品質な映像をYoutubeなどのネット配信にアップすれば、無料で手軽に露出度が増え、Google検索への反映など、多くのメリットが挙げられます。

<店頭POPとして活用するデジタルサイネージ>

電子表示装置(フォトフレーム、プロジェクター、LEDビジョンなど)を使い、映像情報を流すシステムを「デジタルサイネージ」や「電子POP」と呼びます。

いままで紙ベースで製作してきた広告やパネルが、液晶などを利用した映像へと置き換えられています。
もちろん、紙媒体や黒板などに書かれたPOPも魅力的です。
しかし、【映像+音】を駆使することで、人間は動いているものに 目がいってしまう性質を持っているため、足を止めさせる力があります。

さらに、映像化することで、あなたの訴えかけたいことを 次々と効果的にアピールすることが可能となります。

たとえば、料理であれば、焼いている様子や揚げている「シズル感」を そのままに表現できます。

<ネットで活用する動画・映像配信>

企業のWEBサイトでサービス・商品の説明を動画を使ってユーザーに紹介することは、かなり有効です。
同じように個人のHPでもあなた自身をよりよく印象づけることが可能です。

あなたの伝えたいことを言葉だけでは伝わりづらい、音、声のトーン、抑揚、顔の表情 基本的に商品が複雑でわかりにくい商品やサービス業、もしくは新しい市場でまだユーザー認知がない業界などはテキストや画像などで伝えるよりも効果的です。

 

制作実績は下記よりご覧ください。

・映像制作実績

CLOSE
CLOSE